福井県福井市でエステサロン・レディース脱毛・メンズ脱毛ならUNO>>>ichikara「お知らせ・コラム」ページ

ご予約はこちら

COLUMN
お知らせ・コラム

2022.06.29
コラム

脱毛・エステサロンなのに、なぜ制服がデニムとTシャツなのか

エステサロン・脱毛サロンの制服といえば色はピンクやベージュ、ブラウンという優しい色で看護師のような服装が多いと思います。残念ながら日本ではエステサロンを開業する際に資格は必要ありません。「保健所の管轄でもないため届出も必要ない」というのが、元々美容師として、また管理美容師として国家資格を持ち、保健所に申請して美容室やトータルビューティーサロンを運営していた私としてはビックリしました。ヨーロッパではエステティシャンというと医師と同等くらいの資格が必要な職業であり、医学とは違う方法で治療を行う場所であることから、看護師のような制服が当たり前なのです。

【目次】
1.脱毛・フェイシャルエステ・豊胸・痩身・発毛という悩みの改善は怖い
2.男性(メンズ)も女性も安心して通える脱毛・フェイシャルエステ
3.今回のまとめ

脱毛・フェイシャルエステ・豊胸・痩身・発毛という悩みの改善は怖い

前述したようにエステサロンとは、医学とは違う方法で治療を行う場所であると私は考えておりますが、実際のエステサロンの印象は「怖い」というのがお客様の本音だと思います。私自身もエステサロンに対して、そのように感じていました。具体的になにが怖いかとお客様の声を伺っていると他サロン様に行った際に『契約するまで帰してもらえなかった』『必要のないものまで売りつけられた』『数人で囲まれて断れなかった』『やっぱりやめたいと思っても契約解除するのに時間と労力がかかった』という話を令和になった今でもお客様から伺います。私くらいの年齢になれば、はっきりと断ることもできますが若い時は断りづらいものですし、仮に断れたとしても気分のいいものではありません。消費者として、じっくりと検討してから決めたいというのは当たり前なのに、多くのサロンが『今日契約したら安くなります』という方法で契約を迫ってきます。この手法は何もエステサロンだけで使われているわけではありません。私はブライダル専門店の経営もしておりましたが、この時もお客様の声でよく耳にしたのがブライダルフェアーに行った際、今日契約すると安くなると言われたという声を聞きました。また、サロンを運営していると様々な営業の電話がかかってくるのですが、怪しいところほど『今日中に契約したら割引価格になります』『今週中に契約したら安くなります』と言ってきます。本当に自信のある商品であれば、そんなことをする必要がないと思うのですが他社と比較されないようにするための手法であり、私はそのような提案をする業者とは付き合いをしないことに決めています。

男性(メンズ)も女性も安心して通える脱毛・フェイシャルエステ

女性が脱毛・フェイシャルエステ・豊胸・痩身・発毛という悩みの改善を求めてサロンに行くだけでも怖い思いをすることが多く決断するまでに2〜3ヶ月迷うのは当たり前だと思います。それでも女性は友人知人から情報を得たりする手段が男性(メンズ)に比べれば多くあり、適正なサロン選びをすることが以前よりは容易になってきました。しかし男性(メンズ)に関しては、圧倒的に男性(メンズ)OKなサロンの数も少なく、相談できる友人、つまり美容意識の高い友人がまだまだ少ないのが現状です。UNO>>>ichikaraに来店される男性(メンズ)のほとんどが女性からの紹介です。今までに美容室を経営してきた経験と、ブライダルで新郎新婦様のトータルプロデュースをさせていただいた経験から、私がお店をオープンさせる時に重要視したことは女性も男性も関係なく『人間を美しく』することでした。メラビアンの法則で言われているように人は視覚情報で55%を判断します。見た目で判断するな!と言いますが無意識のうちに55%見た目で判断してしまうのです。だからこそ男性(メンズ)女性関係なく綺麗になるお手伝いをしたいと思いました。そして私たち自身も無意識のうちに見た目による影響をお客様に与えています。脱毛・フェイシャルエステ・豊胸・痩身・発毛という悩みの改善を行う場として看護師のような服装でいることは、そういう安心感は与えられると思うのですが私は病院が苦手です。臆病な私にとって病院という場所は威圧感があり、痛みを伴う怖い場所というイメージが強いのです。脱毛・フェイシャルエステ・豊胸・痩身・発毛という悩みの改善をするための場所として、相談しやすい空間、他の人になるべく会わなくて済むプライベートサロンでありながら、カフェに行くくらいの感じで気軽に行ける場所を目指したい。そんな場所をイメージした時、私たちの服装が看護師のようだったら威圧感を与えてしまうような気がしたのです。それでカフェのような軽い感じでありつつ、わたしたちも仕事がしやすい服装であり、そして美容師の私にとってはお洒落さもある服装というイメージで白Tシャツとデニムにスニーカーという制服にいたしました。スタッフには髪型も髪の色もなるべく自由に、自分に似合うようにしてほしいと伝えています。私自身の髪の色もブルーかシルバーです。

今回のまとめ

ヨーロッパでは医師と同等くらいの資格が必要な職業であり、医学とは違う方法で治療を行うエステティックサロンですが、正しい知識を持ちながらも脱毛・フェイシャルエステ・豊胸・痩身・発毛の話を楽しく話せる店・気軽に相談できる店でありたいと思っています。不安なこともたくさんあると思いますが、ぜひ気軽に無料カウンセリングにご来店くださいませ。
福井駅前にあるエステティックサロン
UNO>>>ichikara
高橋 元子