福井県福井市でエステサロン・レディース脱毛・メンズ脱毛ならUNO>>>ichikara「お知らせ・コラム」ページ

ご予約はこちら

COLUMN
お知らせ・コラム

2022.05.03
コラム

IPL(光)脱毛の概要。IPL(光)脱毛の原理とIPL(光)脱毛器について

脱毛施術を受けるUNO>>>ichikaraのお客様人数は、開業当時からずっと伸び続けており、それだけでなく脱毛施術を通じて、様々なエステティックメニューに派生する方々は後をたちません。当店にお問い合わせをいただいたLINE予約では、「脚の毛が濃いことだけが気になって・・・・」など、部分脱毛においての価格や脱毛回数・脱毛時間を尋ねられることがきっかけだったとしても、男性(メンズ)・女性ともに、カウンセリングを通じて全身脱毛を希望されることがほとんどです。そして脱毛効果を感じていただくと、男性(メンズ)・女性問わず美容意識は急激に上昇することも確かです。特に男性(メンズ)が顕著ではあるのですが、肌がツルツルになると、フェイシャルエステにチャレンジされたり、痩身エステを受けて食事節制にも気を使われたりと、日々の健康管理にまで意識の範囲は広がっていくことを、私たちは如実に感じています。私たちは、脱毛を一種の美容手段として捉えているわけでなく、「美しくなるきっかけ」をつくる最適なメニューであると思っています。近年脱毛メニューは、国内で文化的な広がりをみせました。その一端を担った脱毛手法として、IPL(光)脱毛が代表格に挙げられます。

【目次】
1.IPL(光)脱毛は、レーザー脱毛と類似する脱毛手法である
2.医療脱毛は、3手法。レーザー脱毛・IPL(光)脱毛・針脱毛
3.今回のまとめ

IPL(光)脱毛は、レーザー脱毛と類似する脱毛手法である

IPL(光)脱毛のIPLとは、「intense pulsed light」の略称であり、前回のコラムシリーズで取り上げたレーザー脱毛とは異なる特徴を有しているのですが、用途によってはレーザー脱毛と近い効果を得ることができるといわれています。IPL(光)脱毛は、「望まない毛」に対する脱毛治療ともいわれていますが、原理はレーザー脱毛と類似しており、毛幹部分を介して毛包構成細胞に必要十分以上の熱影響を与えることが、その構造となっています。しかしながらその一方でIPL(光)脱毛とは、脱毛で使用する機器の設計や性能に大きな差が生じるともいわれています。また一般的なIPL(光)脱毛器は、大きな長方形のスポットサイズに設計されているので、小範囲の肌が起伏になっている部分への脱毛効果が疑問視されています。

医療脱毛は、3手法。レーザー脱毛・IPL(光)脱毛・針脱毛

「望まない毛」に対する医療脱毛の手法は3種といわれており、レーザー脱毛・IPL(光)脱毛・針脱毛です。このなかでも脱毛効果が優勢であるといわれているのが、レーザー脱毛ではあるのですが、IPL(光)脱毛も使用する脱毛器(マシーン)や対象である脱毛部位(顔・わき・うなじ・腕・脚・背中・VIOなど)によっては、十分な効果が一時的に得られるといわれています。しかしIPL(光)脱毛器(マシーン)は、医療承認のある脱毛器(マシーン)と、そうでない脱毛器(マシーン)とでは、性能が大きく異なり、ましてやホームケアIPL(光)脱毛器(マシーン)に関しては、フラッシュランプという熱源は共通点であっても、IPL(光)脱毛効果や安全性が著しく劣っているという見方が、専門家の一般的な解釈です。

今回のまとめ

家庭で簡単に脱毛・脱毛通い放題。こういった脱毛商品・脱毛施術に関しての宣伝文句を耳にすることは日常となり、その結果として脱毛に関心を向ける文化が都心だけにとどまらず郊外に浸透したことを、私たちは嬉しく思います。しかしながら反面、こういった脱毛に関する宣伝文句だけがひとり歩きした結果、お客様は日に日に正しい脱毛知識を得ることが難しくなっていることも事実です。UNO>>>ichikaraでは、サロンでのカウンセリングやコラムを通じて正しい脱毛知識をより中立的に・透明性をもってお届けすることをお約束いたします。