福井県福井市でエステサロン・レディース脱毛・メンズ脱毛ならUNO>>>ichikara「お知らせ・コラム」ページ

ご予約はこちら

COLUMN
お知らせ・コラム

2022.06.23
コラム

皮膚疾患・色素性病変を伴う患者の、レーザー脱毛施術を行う問題点

とある全国チェーンの大手脱毛クリニックの調べでは、2010年〜2020年のたった10年の間に、VIO脱毛を契約された40歳以上の女性人数は、75倍以上の成長をみせており、極端な右肩上がりの市場だといわれています。注目すべきは「脱毛ニーズ」なのですが、これは現地の調べによると「美容脱毛」というよりも、「介護脱毛」という観点で来店されているらしいのです。介護脱毛というのは、自らの老後を見据え、将来介護されるような立場になったとき、第三者である介護者の負担を極力軽減するように、事前にVIO脱毛を行っていくことです。介護脱毛は都内大手脱毛クリニック・サロンだけでなく、私たちのようなプライベート空間を大切にする郊外地域密着型の脱毛・美容サロンでも、多くの来店理由になっています。介護脱毛の大きなメリットとは、陰部の炎症を抑えられること・おむつ交換時の臭い軽減や手間を省けることになり、つまり介護脱毛もまた、「相手への気配り」として行う脱毛行為の一種であるのです。

【目次】
1.レーザー脱毛器(マシーン)の使い方。色素性病変のケース
2.レーザー脱毛クリニックの報告について
3.今回のまとめ

レーザー脱毛器(マシーン)の使い方。色素性病変のケース

通常であれば刺青や母斑といった皮膚(肌)の状態に使われるレーザー脱毛器(マシーン)は、Qスイッチレーザーやピコ秒レーザーなどの照射時間やナノ秒・ピコ秒単位のレーザー脱毛器(マシーン)であります。Qスイッチレーザーやピコ秒レーザーでありますと、肌表面の色素性疾患や真皮のメラノサイトーシス・刺青であっても傷跡をつけることなくレーザー脱毛治療を卒業することができます。一方でロングパルスレーザーは、肌表面の色素性疾患に対して適切な照射出力とパルス幅を用いれば、傷跡のない治療が可能ではありますが、しかし真皮のメラノサイトーシスや刺青に対しては、傷跡ができるリスク(副作用リスク)があるといえます。

レーザー脱毛クリニックの報告について

とあるレーザー脱毛器(マシーン)取り扱いクリニックの報告によると、ロングパルスアレキサンドライトレーザーを照射したあとに、肥厚した傷跡(副作用)がでたことを、一例報告をしています。この症例においては、ロングパルスアレキサンドライトレーザーを照射したあとに、皮膚冷却を行っており、つまり冷却を行っていなかったから肥厚した傷跡(副作用)が発現したわけではないのです。肌基底層の熱緩和時間は1.6mm/秒〜2.8mm/秒であり、肌表面の色素性疾患を治療するケースでは、ロングパルスレーザー治療でも代用することはできます。一方でメラノソームの熱緩和時間は50nm/秒でありますので、真皮メラノサイトーシスにロングパルスレーザーの使用は禁物であります。

今回のまとめ

医療脱毛器(マシーン)を取り扱うことは、それぞれのクリニックが資格・見識や技術を要するということではなく、取り扱うすべての脱毛施術者であることである理由は、前述をもってすると納得の要件になります。しかしながらこれは医療脱毛器(マシーン)だけでなく、当店の取り扱うNPL方式の脱毛器(マシーン)にも(資格を除き)同様のことがいえます。私たち脱毛施術に入るスタッフは、日々効果的であり安全な脱毛施術を追求し、お客様のカウンセリングや技術・そして学ぶことを行わなければいけないのです。