福井県福井市でエステサロン・レディース脱毛・メンズ脱毛ならUNO>>>ichikara「お知らせ・コラム」ページ

ご予約はこちら

COLUMN
お知らせ・コラム

2022.08.03
コラム

脱毛を始めるのに最適な時期はいつ②

前回は契約する前に失敗しない脱毛サロン・脱毛クリニックを選ぶ前に何を重要視して選べば良いのか8項目の内の1つ目、脱毛価格についてお伝えしました。とても残念なことに脱毛を始める多くの方が10代〜20代の知識がなく、世間慣れしていない時に高額の契約をして後悔している方がとても多いのが脱毛という分野です。またその前に家庭用脱毛器で既にお金を使っていることも多く、知識がないことで本当に損をしている方が多く存在します。少しでも新しい美容の常識を共有できると幸いです。

【目次】
1.脱毛サロン・脱毛クリニック選びで大切なのは②脱毛効果
2.脱毛サロン・脱毛クリニック選びで大切なのは③痛み
3.脱毛サロン・脱毛クリニック選びで大切なのは④肌トラブルなどの安全性
4.今回のまとめ

脱毛サロン・脱毛クリニック選びで大切なのは②脱毛効果

これはよくあることなのですが、お客様は脱毛サロンによって効果性が違うことを理解していない方がほとんどです。脱毛方法が多種多様にあることを知らないので芸能人を使って広告をしている大手サロンだから効果があるのではないかとか、YouTubeでよくCMが流れているから効果があるのではないかと安易に考えている方も多く、それにより失敗しているケースが多いです。効果性を重要視しているサロンは、どのような原理で脱毛をしていくかの説明を必ずします。しかし難しいことを説明されても理解しにくいと思いますし、ホームページだけで全てを伝えるのは非常に困難です。ですからUNO>>>ichikaraでは全ての脱毛方法の原理をわかりやすくカウンセリングでお伝えしています。現在ある脱毛方法には大きく分けて2種類あるのですが、1つは黒に反応させて毛根をテーゲットにしている脱毛方法(医療脱毛(レーザー脱毛・ニードル脱毛)・IPL方式脱毛・SSC方式脱毛・SHR方式脱毛・THR方式脱毛など)です。毛根をターゲットにする方法は火傷リスクがあり、痛みリスクがありますが、もしも上記の脱毛方法なのに痛みがないという場合は効果性が低い脱毛方法であるため回数が必要になります。また休止期の毛や、白髪・産毛などは脱毛できません。2つ目の方法は毛根の種を作っているバルジ領域をターゲットにする方法で、現在の脱毛方法の中では一番効果性が高いといわれている脱毛方法でありUNO>>>ichikaraで導入しているNPL方式脱毛がそれにあたります。SHR方式脱毛・THR方式脱毛などは毛根ターゲット(IPL方式)と・バルジ領域ターゲットを切り替えられるということをウリにしているのですが、正直毛根ターゲットにすることは火傷リスクが伴い毛乳頭を傷つけてしまうことが昨今わかってきているので、切り替える必要はあまりありません。

脱毛サロン・脱毛クリニック選びで大切なのは③痛み

女性はメンズ(男性)に比べて比較的痛みに強い傾向がありますが、とはいえ痛みに耐えながら通うのはかなりの苦痛になります。実際多くの方が通い始める前は痛みに耐えないと減らないと誤解しているので(確かに従来の脱毛方法は痛みに耐えないと減りませんでした)耐えながら通うと決めて契約を行うのですが、あるデータによると痛みの強い医療脱毛に関して数回通うとあまりの痛みに通うのをやめてしまったという人が80%と言われていますから、部位にもよりますがよほどの根性の人でない限り痛みに耐えながら通うのは困難だと思います。痛みがほぼないSHR方式脱毛・THR方式脱毛よりも、当店のNPL方式脱毛は本当に痛みがほとんど感じられないので『脱毛に来るのが苦にならない。むしろ痛くなさすぐて本当に効果があるのか初回は心配になった』とか『痛くないのに、痛い脱毛方法よりも効果性が高いって本当に意味がわからない』とも言われます

脱毛サロン・脱毛クリニック選びで大切なのは④肌トラブルなどの安全性

従来の光脱毛(IPL方式脱毛・SSC方式脱毛・SHR方式脱毛・THR方式脱毛)の方法は黒に反応させて毛根をターゲットにする脱毛方法でしたので、危険エリアに光光線が届くようにしないといけない為、効果性を高めようとすると火傷リスクが伴いました。それにより今でも火傷トラブルは多く、他サロンに通っていたという方で「うなじを火傷した」とか「乳首を火傷した」という声はよく耳にします。しかもその際の火傷は10平方センチメートルくらいの範囲を一気に火傷し、しばらく跡が残ります。また医療脱毛の場合は一般的に火傷を伴いながら施術していく方法ですので施術後しばらくは肌がボコボコになります。ですからアトピー性皮膚炎・乾燥肌の方は施術を受けられません。ですから、通常の脱毛方法は火傷リスクがあるのを了承した上で施術を受けることになります。NPL方式脱毛は毛根をターゲットにしていないので危険エリアに光光線を入れる必要がないため安全性が高くアトピー性皮膚炎・乾燥肌の方も施術可能です。

今回のまとめ

今回は脱毛の価格の次に重要な効果性・痛み・安全性についてお伝えしました。今でも多くの方が痛くないと効果がないと誤解しています。もちろん今までの脱毛方法は痛い方が効果性も高かったのですが、時代は変化していることをお伝えしたいと思います。

福井駅前にあるエステティシャンサロン
UNO>>>ichikara
高橋 元子