福井県福井市でエステサロン・レディース脱毛・メンズ脱毛ならUNO>>>ichikara「お知らせ・コラム」ページ

ご予約はこちら

COLUMN
お知らせ・コラム

2022.08.07
コラム

脱毛はアトピー肌でもできる?脱毛をする時の注意点とは

アトピーだけどムダ毛が気になる…キレイになることを諦めたくない!でも、「アトピーだから脱毛ができるの?」「アトピー持ちで脱毛すると悪化する?」など不安要素がたくさんあってなかなか脱毛に踏み込めないという方は非常に多いです。そこで今回はアトピーを持っている方が脱毛ができるのかと、クリニックやサロンで脱毛をする場合の注意点を解説していきます。脱毛に悩んでいる方の参考になればと思います。

【目次】
1. アトピーでも脱毛はできるのか
2. アトピー肌の人が脱毛をする時の注意点
3.今回のまとめ

アトピーでも脱毛はできるのか

まず、アトピー性皮膚炎とはどのような症状なのかを説明します。アトピー性皮膚炎は、アレルギー体質など、バリア機能が低下している皮膚に起こりやすく、肌の水分が適切に保てない肌のことです。アトピー肌の症状は敏感肌と似ており、痒みや湿疹などが起こります。敏感肌はストレスや食生活の乱れ、間違ったスキンケアが原因で起こることが多いのに対し、アトピー肌は遺伝的要因や体質的要因から起こることが多いといわれています。治療によって症状が改善したり、悪化したりとなかなか治りにくいことが特徴です。治療は薬の使用以外に、生活習慣の改善などと並行して行われることがあります。アトピー肌の人がクリニックやサロンで脱毛ができるかは、症状の度合いにもよります。アトピーの症状が強くてお肌が敏感になっているときは、脱毛をお断りする場合もあります。〈肌に赤みがある、肌が痒い、乾燥がひどく肌が割れている〉などの症状がある場合は、肌荒れや痒みが悪化する可能性があるので脱毛の施術は控えた方がいいでしょう。安心なのは先に主治医の同意を得てから、クリニックやサロンの担当者にカウンセリングに症状を伝えるようにするといいでしょう。

アトピー肌の人が脱毛をする時の注意点

アトピー肌の人が主治医の許可を得て、脱毛に通うことが可能になってもいくつか注意点があります。脱毛前に必ず確認し、万全の状態で施術を受けれるようにしましょう。【ステロイドなどの薬の使用】アトピーの治療には、ステロイドなどの薬が使用されることがほとんどですが、脱毛の施術を受ける前は必ず薬の使用を控えなければいけません。ステロイドはアトピーの症状への効果が高い一方、免疫が低下して感染症を起こしやすいというリスクがあります。また、ステロイドは光を吸収しやすい性質があるので、ステロイドを塗っていると、その箇所が光を当てることで反応してしまい、火傷につながってしまうこともあるので注意が必要です。他にも、ステロイドの副作用に体毛が濃くなったり、増えたりもあるので、脱毛効果が感じられにくいというデメリットもあります。ステロイド使用中は主治医の指示のもと、タイミングを見極めて施術を受けたり、脱毛の前だけは使用を控えるなど工夫が必要になります。【余裕のある期間で脱毛に通う】アトピーの症状は悪化と改善を繰り返すため、短期間で脱毛を終わらせようと考えずに、ある程度余裕を持った期間で通えるように脱毛サロン選びに注意が大切です。クリニックやサロンの中には、コースの契約期間というものがあり、期限が過ぎると脱毛を受けられないというところもあります。脱毛の長期休暇が可能なところや、クリニックやサロンにあらかじめその旨を伝えておきましょう。【アフターケアの保湿】アトピー肌の人は、施術後のアフターケアは絶対に忘れないようにしてください。脱毛は光を肌の奥に照射するので、かなり肌が乾燥しやすい状態です。施術後に痒みなどが感じないからといってアフターケアを放置すると、バリア機能が低下してアトピーの症状が悪化することもあります。必ず自分に合った保湿ケアを行なってください。

今回のまとめ

アトピーだから脱毛はできない…と諦めないでください!アトピーの症状がある方は、主治医の許可を得てから脱毛に通うようにしましょう。UNO>>>ichikaraの脱毛は医療脱毛や従来の光脱毛と比べて、肌に優しいNPL脱毛方式の脱毛器を使用していますので、アトピーや敏感肌の方でも安心して脱毛に通うことができます。ムダ毛が気になり、脱毛をしてみたいと考えている方は、ぜひ一度UNO>>>ichikaraに相談してみてください。

福井脱毛エステティックサロン UNO>>>ichikara
高島沙耶