福井県福井市でエステサロン・レディース脱毛・メンズ脱毛ならUNO>>>ichikara「お知らせ・コラム」ページ

ご予約はこちら

COLUMN
お知らせ・コラム

2022.09.22
コラム

脱毛クリームの広告を見かけますが本当に体毛は減りますか?

YouTubeでもInstagramでもTikTokでもSNSを開けば「脱毛」「家庭用脱毛器」そして「脱毛クリーム」の広告が飛び込んできます。今なら89%OFFなどとあり得ない価格で広告しているのを見ると、一回くらい騙されたと思って買ってみようかな?という気持ちにもなります。実際のところどうなのか??ご来店されたお客様達の中にも実際に買ったことがあるという方はいますが、ほとんどは実店舗で購入されています。失敗しないために、また思っていたのと違ったということがないように少しでも参考になれば幸いです。

【目次】
1.「脱毛クリーム」と謳っているけれど実際は「除毛クリーム」の間違い
2.脱毛(除毛)クリームを使用することで肌トラブルになるのが怖い
3.今回のまとめ

「脱毛クリーム」と謳っているけれど実際は「除毛クリーム」の間違い

まず、そもそも消費者に大きな間違いを引き起こすネーミングについてお伝えしますと「脱毛」というネーミングが付けられていたりしますが、正式な作用としては「除毛」効果しかないということです。「脱毛」というと、回数を重ねることで減耗していくものであり、消費者としてもそのようなイメージを持っている方もいらっしゃいます。しかし市販されている脱毛クリームには「除毛」効果しかありません。除毛とは字のい通り、一時的に毛を除去することができるものですので、一時的なものになります。ですから正式名称は除毛クリームが正しいのですが、除毛よりも脱毛と言われた方が消費者のイメージがつきやすいということを狙って、そのようなワードで販売されている場合があります。認識が違うとトラブルの原因になりますから一般的に販売されているものは「除毛」であることを把握した上で試してみるのも良いと思います。たまに『使用していたら体毛が細くなった』とおっしゃる方もいますが、それは一時的に毛根から毛が除毛されたことによって剃毛した断面よりは毛先が細いことで、そのように感じられるだけで、一定期間を過ぎれば元に戻ります。ですから、どんなに使用を続けても体毛がなくなっていくということは限りなく0に近いと思います。しかし稀にその部位の体毛をなくし続けることで、生えにくくなるということはないとは言えませんが、かなりの期間を要するとは思います。

脱毛(除毛)クリームを使用することで肌トラブルになるのが怖い

除毛クリームは肌トラブルがなければ剃毛するよりは自己処理の頻度も減らせて便利です。どこのメーカーが良いとかは肌トラブルが起きないかの相性がありますから、比較的肌が丈夫だと思われる方は試してみるのも有りだと思います。しかし除毛クリームに含まれている成分が合わず、痒みや赤みが出て肌トラブルになるケースが比較的女性に多いです。メンズ(男性)は大丈夫だったという声を多く聞きますが敏感肌の方はやめておいた方が良いかもしれません。もしも塗ってすぐにヒリヒリする、痒さが止まらなくなるという症状が出た場合どうしたら良いのでしょうか?次の3つの対処を行ってください。①使用中にヒリヒリする又は痒みを感じたら、すぐに洗い流す②ワセリンで保湿する③患部を冷却するという対処後、皮膚科を受診してください。この時痒くても掻かないようにしましょう。

今回のまとめ

脱毛を始めるとしても、しばらくは剃毛か除毛の作業は必要です。ですから除毛クリームを試してみるのも肌が丈夫であればお勧めしたいのですが、特に女性の方は肌トラブルの事例をよく聞きますから、試してみる場合も一気に広範囲に使わずに肌の柔らかい部位(手の内側)などに少量を塗布し5分くらい放置してから洗い流し、そのまま1日経っても問題なければ範囲を広げるといった方法をお勧めします。これをパッチテストといいます。また顔やVIOには使用しないようにしましょう。皮膚が薄いので刺激を受けやすい部位です。また膣はかなりの強酸性で守られていますから、万が一にもその中に入ってしまったら膣の中の免疫力が低下しますから絶対に使用しないでください。また使用した後はしっかりと保湿していただきたいのですが、この際に使用する化粧水などはアルコールを使っていないタイプを使ってください。何はともあれ剃毛や除毛が必要な部位は1日も早く「安全な脱毛」をすることをお勧めいたします。
服役前にあるエステティックサロン
UNO>>>ichikara
高橋 元子