福井県福井市でエステサロン・レディース脱毛・メンズ脱毛ならUNO>>>ichikara「お知らせ・コラム」ページ

ご予約はこちら

COLUMN
お知らせ・コラム

2022.11.25
コラム

脱毛に影響する?ピルの服用について

最近はピルを服用する女性が増えてきているように感じます。ピルに対する認識が変わってきたことや、ピルを服用するメリットが増えてきたからでしょう。しかし、脱毛に通うと「脱毛前の薬の服用はNG」としている脱毛サロンや脱毛クリニックがほとんどです。ここで疑問なのが「ピルは服用しても大丈夫なのか?」脱毛のためにピルをやめるわけにもいきませんし、解決しておきたいですよね。今回は、ピルの服用が脱毛にどう影響があるのか、注意点についてご紹介していきます。

【目次】
1. ピルの服用中でも脱毛はできるのか?
2. ピル服用中に脱毛をすることでリスクはあるの?
3. ピルと脱毛に関してのさまざまな疑問
4.今回のまとめ

ピルの服用中でも脱毛はできるのか?

ピルは生理周期を整え、避妊効果が得られる低用量ピルを服用している女性は多くいますが、ピルの服用中に脱毛を受けることは可能です。ピルの効果は、ホルモンバランスを自然に変化させて生理周期を整えること。そのため、脱毛に関わる周期を乱したりすることはありません。ただし、ピルの副作用が強く出てしまっている場合は、脱毛は控えるようにしましょう。ピルを服用することで、肌が敏感になることがあるので、脱毛サロンや脱毛クリニックによっては脱毛の施術をお断りする場合もあります。必ず、事前のカウンセリングでピルの服用を伝えるようにするのと、かかりつけ医に脱毛を受けてもいいかどうか確認をするようにしてください。

ピル服用中に脱毛をすることでリスクはあるの?

ピルの服用中に脱毛をすることはできますが、いくつかリスクもあるので順に紹介します。【痛みを感じやくすなる】ピルの服用中は、ホルモンバランスの影響で肌が敏感になっています。そのため、脱毛の光を肌に照射するときに、普通らな耐えられる痛みでも、苦痛が伴う可能性があります。特に、医療レーザー脱毛は元々痛みがある脱毛といわれているため、ピルを服用することで敏感になり脱毛を受けられないことがあるようです。【色素沈着】ピルによるホルモンバランスの変化は、稀に色素沈着やシミを悪化させることがあります。シミはさまざまな環境の変化で、良くなったり悪くなったりとするため、脱毛をする刺激でシミを悪化させる可能性があります。脱毛の施術で色素沈着が起こることは稀であり、必ず色素沈着が起こるわけではありません。ピルを服用してからシミができやすくなったと感じる人は、施術前に医師に相談しましょう。【肌トラブルが起こる】ピル服用の副作用で知られるものが、ニキビや肌荒れです。ピルの服用で起こるホルモンバランスの変化が原因といわれています。ピル服用の肌トラブルは、体にピルが慣れてくれば治ってくる傾向にありますが、副作用がなかなか治らない人もいます。ホルモンバランスが乱れていることによって、肌が荒れやすくなっていると、脱毛の施術による影響も受けやすくなっています。事前のカウンセリングや服用はじめた時は必ず脱毛サロンや脱毛クリニックのスタッフに伝えましょう。

ピルと脱毛に関してのさまざまな疑問

ピルの服用と脱毛に関しては他にも疑問や不安に思うことがあると思います。【低用量ピルで体毛が薄くなる、体毛が濃くなる】ピルには毛を生やす作用や、濃くする作用は含まれていないので、ピルを服用しているからといって体毛が濃くなることはありません。濃い毛は男性ホルモンが活発になっていることが原因とされることもあり、ピルを服用することでホルモンバランスが整い、体毛が濃いや悩みは解消される可能性が少なくともあります。【ピル服用中は脱毛効果が弱まる】ピルを服用していると、毛の生え変わるサイクルが整うこともあり、その結果、毛が伸びるのが早く感じたり、毛が多くなったと感じることはあるかもしれません。脱毛効果が弱まったわけではないので安心してください。

今回のまとめ

ピルを服用していても脱毛はできます。しかし、さまざまなリスクが高まるため脱毛を受ける前に医師の確認を取るようにしましょう。まずは、無料カウンセリングでご相談くださいませ。

福井脱毛エステティックサロン UNO>>>ichikara
高島沙耶