福井県福井市でエステサロン・レディース脱毛・メンズ脱毛ならUNO>>>ichikara「お知らせ・コラム」ページ

ご予約はこちら

COLUMN
お知らせ・コラム

2021.12.13
コラム

従来の脱毛方法と、その留意事項。「Wax脱毛」について

前回のコラムでは、従来の脱毛方法として「毛抜き」「剃毛」を行うことへの留意事項や発生率の高い副次的効果とその対策についてお伝えいたしました。UNO>>>ichikaraの脱毛メニューは、多数のお問い合わせがあるだけではなく、脱毛施術回数・脱毛効果満足度に、多くの実績と信頼がございます。オーナー高橋は、当店に導入しているNPL方式の脱毛マシーンに出会い、開業を決心いたしました。それはオーナー高橋自身が、最短で最大の脱毛効果に、驚き感動したことが何よりの開業した理由です。驚いたことはそれだけではありません。開業準備中、家族や親しい友人・美容業界関係者・そうではない方の誰に聞いても、脱毛には関心がある・現在脱毛サロンに通っている・もしくは通っていたが、断念した。など、男性・女性に問わず「脱毛に無関心である」という方が周囲にまったくおられなかったのです。そして同時に「信頼・満足する脱毛店に通ったことがない」という方も、残念ながらほとんどでした。脱毛とは、専門性を伴う施術ですので「信頼・満足する脱毛店に通うこと」をお薦めいたします。しかしながら家庭や各店舗では、知識が伴っていない脱毛処理が横行していることも事実です。
本シリーズでは、従来の脱毛方法と、その留意事項や対策をお伝えいたします。今回は「Wax脱毛」についてお伝えいたします。

【目次】
1.従来の脱毛方法「Wax脱毛」について
2.従来の脱毛方法「Wax脱毛」技法。ブラジリアンワックスについて
3.今回のまとめ

従来の脱毛方法「Wax脱毛」について

Wax脱毛は、ソフトな熱いWaxシートを皮膚の表面に貼ることで、シートが毛幹を巻き込み、その状態で硬くなり皮膚からシートを引き剥がして除毛する方法なのです。この手法の脱毛において特徴的であるのが、非常に痛みが強いこと、Waxシートによって皮膚に熱傷を負うリスクが発生すること、具体的な副次的効果として毛包炎になってしまうケースがあるといった、お手軽ですが簡単には選択するべきではない脱毛手法なのです。中近東の国々では、Wax脱毛を行う技法として天然糖成分を用いられたりしていますよね。これは糖成分そのものが、Wax剤となり痛み(刺激)が通常のWax剤に比べて少ないために広がった技法なのです。現在エステティックサロンの脱毛で用いられているWax成分には、はちみつや水飴・黒砂糖が含まれている起源でもあるのです。

従来の脱毛方法「Wax脱毛」技法。ブラジリアンワックスについて

Wax脱毛で主流といえば、ブラジリアンWaxです。ブラジリアンWax手法では、1cm程度の毛の長さが脱毛効果を促進させるにあたって必要であり、Waxを薄く塗布することにも、厚さ1mmを保ちながら毛の流れに正確に沿わせ、脱毛シートを貼った後には、毛の流れに逆らい一気に剥がすといった、いわば施術者の経験に良くも悪くも依存する技法の一つになります。また一時的な副次効果とはいわれますが、肌の赤み・痒み・毛穴からの出血なども大変高い確率で発生し、肌表面を毀損しやすい脱毛手法の一つだと、当店では考えております。

今回のまとめ

今回のコラムでは、「Wax脱毛」についてお伝えさせていただきました。近年ではWax脱毛に用いる溶剤製造の技法進化・流通のグローバル化により、従来に比べて効果的で安全度の高い手法になったことは実証されています。しかし正確にお伝えするのであれば、Waxは毛根部へとアプローチする「脱毛」行為ではなく、地肌から出ている表面的な毛幹のみを取り除く「除毛」行為の範疇でしかありません。
私たちは、最短時間で最大効果の脱毛手法という観点において、NPL方式の脱毛マシーンに勝ることはないと、日々の学習・体験・お客様の声により確信しております。また、脱毛施術には痛みや肌への副次的作用の考慮がされている施術方法を、同時に推進するべきなのだと考えているのです。