福井県福井市でエステサロン・レディース脱毛・メンズ脱毛ならUNO>>>ichikara「お知らせ・コラム」ページ

ご予約はこちら

COLUMN
お知らせ・コラム

2022.06.25
コラム

ムダ毛が濃くなる原因?!生活習慣を見直そう

本来、体を外部刺激から守ったり、体温を保つために生えていた体毛ですが、衣服を着用したり、冷暖房が完備された生活環境下で暮らすようになった私たちには、基本的に体毛は必要ありません。そのため、「ムダ毛」として邪魔なものととらえている方は多いと思います。そのため、近年は脱毛を始める方が、女性だけでなく男性も多く、年齢層も、中学生、高校生、早いと小学生のお子様もいらっしゃいます。福井でも、脱毛サロンがどんどん増えていっているのが現状です。それだけ気になるムダ毛=体毛ですが、自分は濃いのではないか、はたまた、昔より濃くなっている気がするという方も中にはいらっしゃるのではなのでしょうか?体毛って、本当に濃くなってしまうのです。その原因について今回はお話していこうと思います。

【目次】
1.ムダ毛って濃くなるの?ムダ毛が濃くなる理由は?
2.ムダ毛が濃くなる生活習慣
3.今回のまとめ

ムダ毛って濃くなるの?ムダ毛が濃くなる理由は?

先程も述べたように、体毛は濃くなります。体毛が濃くなる理由には、いくつか原因があると言われています。まず1つ目は、「男性ホルモンが多いこと」です。男性にも、女性にもそれぞれ、男性ホルモンと女性ホルモンが存在しており、通常はバランスを取りながら共存しています。それが何かしらの原因でバランスが崩れ、「テストステロン」という男性ホルモンが活性化することで、体毛が濃くなってしまうことがあります。2つ目は、「体質の遺伝」が挙げられます。家族や親類の中で、体毛が濃い人がいれば、遺伝で自分の体毛も濃い場合が多いです。3つ目は「外部からの刺激」です。肌がダメージを受けることによって、体毛が濃くなる場合もあります。人間の体の仕組みとして、体を守るために体毛が存在していたことが関係しています。ケガをしたときに、その部位の皮膚を守ろうとするために、毛が太くなったり、毛の量が増えたりすることもありますし、筋トレでベンチプレスをする男性の中には、摩擦により肩回りの毛が濃くなることもあります。その他にも、剃毛を繰り返すことで、カミソリや毛抜きなどの摩擦によって、皮膚が刺激されて体毛が濃くなることもあります。4つ目は、「食生活の影響」です。肉などの高タンパク質の食品を過剰に摂取していたり、カップ麺などのインスタント食品を食べることが多かったりなど、食事内容により体毛が濃くなる原因となることがあります。

ムダ毛が濃くなる生活習慣

体毛が濃くなる原因として、ホルモンバランスが密接に関係しているのですが、女性であっても、心と体のストレスが男性ホルモンを増やします。生活習慣が乱れていると、男性ホルモンが増えてしまい、結果、体毛を濃くする原因となることに繋がります。例えば、食生活の乱れもその1つです。前述したように、肉などの高タンパク質の食品、カップ麺などのインスタント食品、エビやカニなどの甲殻類、たらこやイクラなどの魚卵などは、男性ホルモンが増えやすい食事です。逆に、わかめなどの海藻類、大豆などのイソフラボンを含む食品、バナナやグレープフルーツなどの果物、ごぼうやほうれん草などの食物繊維の多い食品は男性ホルモンが増えにくい食事となります。食事内容だけでなく、不規則な食生活にならないように、意識することが大切です。不規則な食生活になることで、内臓に負担がかかり、体がストレスを感じます。ストレスはホルモンバランスを乱す原因のひとつですので、それによってテストステロンが過剰分泌し、体毛が濃くなってしまう原因になります。また、体への負担によるストレスだけでなく、悩みや不満が増えることでも男性ホルモンを増やす原因になります。それから、体を冷やすことも実は体毛が濃くなる原因に繋がるのです。体毛は元々、体を保温する役目を担っていました。現代では、衣類や冷暖房の発達により、体温管理を私たちの体の機能以外の部分で補うことができますが、昔はそうではありませんでした。そんなときに体毛があることで、体の保温をしたり、日光などの外部刺激から肌を保護したりしていたのです。発展した現代においても、冬の寒い時期にファッションの一環として薄着で居続けたり、保温性のないデザインの下着を日頃から着用し続けたりすることで、基礎体温が下がり、それを体が感じ取ることで、自身を守ろうと体毛を濃くする働きが活発になることもあります。それから、湯船につからずシャワーだけで済ませることが多い方や、これからの時期だと、クーラーの当たりすぎで体を冷やすことにも注意が必要です。

今回のまとめ

今回は、生活習慣と体毛の濃さの関係についてお話させていただきました。せっかく脱毛に通っていたり、これから通おうとしていたりするのに、自らの生活習慣で体毛を濃くすることをしてしまっては、もったいないです!UNO>>>ichikaraの脱毛は、毛根をターゲットにせず、バルジ領域という毛の種を作る部分をターゲットにしているので、毛の種をどんどんなくしていけば、確かにどんどんと毛は減っていきます。もちろん、効果に対し個人差や部位差はあります。よく質問をされることなのですが、「体毛の濃い方は全員結果が遅い」というわけではないのです。しかし、ホルモンバランスが崩れていることで、脱毛の効果が落ちたり、脱毛の光を受けたことでいつもより肌が過敏に反応してしまったりということは大いに有り得ます。特に女性の場合、生理中の脱毛を避けてもらっているのは、それらの関係からなのです。体毛を濃くしないためにも、脱毛効果を上げるためにも、健康面のことを考えても、生活習慣を整えるということは大切なのです。健康=美容であり、体を健康に保つことこそ、美への近道なのです。みなさんも、始められるところから生活習慣を見直してみるのはいかがでしょうか?

福井脱毛エステティックサロンUNO>>>ichikara
中村 真綾