福井県福井市でエステサロン・レディース脱毛・メンズ脱毛ならUNO>>>ichikara「お知らせ・コラム」ページ

ご予約はこちら

COLUMN
お知らせ・コラム

2022.11.22
コラム

アトピー肌や敏感肌でも脱毛はできるのか?

最近は福井でも脱毛が浸透しつつあるなと感じています。初めて会う方に職業を聞かれて「脱毛サロンで働いてます!」というと皆さん興味を持ってくださいますし、街中でも脱毛の話をしている女の子を見かけるようになりました。しかし、「アトピー肌だから脱毛は諦めてる…」「敏感肌だから脱毛をするのが怖い」という意見もよく耳にしますが、アトピー肌や敏感肌でも注意していただければ脱毛をすることはできます。今回は、アトピー肌や敏感肌の脱毛についてご紹介していきます。

【目次】
1. アトピー肌や敏感肌ってどんな症状なのか?
2. アトピー肌や敏感肌の人でも脱毛は可能
3. アトピー肌や敏感肌の人が脱毛できないケース
4.今回のまとめ

アトピー肌や敏感肌ってどんな症状なのか?

アトピー肌とは、アレルギー体質の人や皮膚のバリア機能が弱い人に多くみられる皮膚の病気です。「アトピー性皮膚炎」と呼ばれ、主に痒みや湿疹などの症状が現れます。治りにくい病気であり、調子が良くなることもありますがすぐに悪化するケースが多く、症状を繰り返すのが特徴です。薬による治療や生活習慣の改善などを根気強く続ける必要があります。次に敏感肌についてです。敏感肌とは、化粧品や洗顔料などに反応して赤みがでたり、荒れたりしやすい肌のことをいいます。医学的な病名ではありませんが、食生活の乱れや不摂生、ストレス、間違ったスキンケアなどによって、敏感肌になる人が増えているようです。乾燥肌の人は皮膚が敏感になっているので、敏感肌になりやすいといわれています。肌の状態を整えるためにもしっかりと適切なスキンケアで保湿をすることが大切です。

アトピー肌や敏感肌の人でも脱毛は可能

脱毛サロンで導入している脱毛器は、脱毛クリニックで用いられているレーザー脱毛と比べると、肌のダメージが少ない光を使っています。そのため、アトピー肌の人や敏感肌の人も、肌の状態が安定していれば脱毛は可能です。アトピー肌の人や敏感肌の人が毎日カミソリなどで自己処理をするとアトピー改善を阻害してしまうこともあります。軽度のアトピー肌であれば、脱毛が可能なので、脱毛をすることで自己処理が減り肌質の改善ができるかもしれません。しかし、悪化した状態での脱毛はできません。心配な方は自己判断で脱毛を受けるのではなく、医師に判断を仰ぎ許可を得てから脱毛をするようにしましょう。

アトピー肌や敏感肌の人が脱毛できないケース

基本的に軽度な症状であれば、アトピー肌の人や敏感肌の人でも脱毛を受けることはできます。しかし、状況によっては脱毛の施術を断るケースもありますので、ご紹介します。【症状が悪化している場合】先ほどもお伝えしたように、症状が悪化した状態の時は脱毛はできません。痒みから皮膚をかいてしまい、痛みを伴った状態での脱毛を受けると、色素沈着や炎症がさらに悪化するなどの肌トラブルが起きる可能性があります。少しでもいつもと症状が違うと感じた場合は、脱毛をしない方がいいでしょう。【脱毛前にステロイド剤を使用している場合】アトピー肌の人は病院からステロイド剤を処方されることがありますが、脱毛前にステロイド剤を使用すると危険なため脱毛ができません。ストロイド剤を塗布した部分に脱毛の光やレーザーを照射することで、火傷や色素沈着の恐れ、脱毛効果が得られないなどのデメリットが生じます。ステロイド剤と脱毛に使われる光は相性が良くないといわれているため、脱毛の施術を受ける前はステロイド剤の使用に注意が必要です。

今回のまとめ

アトピー肌の人や敏感肌の方でも脱毛は可能です。ただし、症状が悪化しているのに自己判断で脱毛を受けることは危険なため、医師に相談してから脱毛を受けるようにしましょう。アトピー肌だから、敏感肌だから脱毛ができないと諦めるのは勿体無いです。ぜひ心配な方は、無料カウンセリングでご相談くださいませ。

福井脱毛エステティックサロン UNO>>>ichikara
高島沙耶