福井県福井市でエステサロン・レディース脱毛・メンズ脱毛ならUNO>>>ichikara「お知らせ・コラム」ページ

ご予約はこちら

COLUMN
お知らせ・コラム

2022.11.28
コラム

医療脱毛 VS サロン脱毛 VS NPL方式脱毛 どっちがオススメ 中編

サロン脱毛(光脱毛)がエステサロンで導入されはじめたばかりの頃はIPL方式脱毛しかなく、その時から時代は流れて光脱毛は大きく進化しています。しかし、一般の消費者の方だけでなく美容業界にいる方たちも、そのころから情報のアップデートが出来ていないことが多く、マイナスなイメージを持っています。是非、脱毛方法によって全く結果が違うことを知って頂いて、ご自身のイメージに合う脱毛方法を選んで頂くと良いと思います。

【目次】
1.サロン脱毛とはブラジリアンワックス脱毛も含まれる?
2.サロン脱毛(光脱毛)の種類 ①IPL方式脱毛のメリット・デメリット
3.サロン脱毛(光脱毛)の種類 ②SSC方式脱毛のメリット・デメリット
4.今回のまとめ

サロン脱毛とはブラジリアンワックス脱毛も含まれる?

サロン脱毛と呼ばれる施術方法は基本的に「光脱毛」のことを指します。たまに勘違いされているのがブラジリアンワックス脱毛・ワックス脱毛のことをサロン脱毛の一つだと思ってらっしゃったりしますが、この2つはそもそも脱毛ではありません。ネーミングに「脱毛」と入っているのでややこしいのですが、この2つは除毛になります。脱毛の定義は施術を繰り返すことで徐々に減毛していくことを指しますが、ブラジリアンワックス脱毛では何回しても減毛はしませんから定義としては脱毛ではなく除毛になります。

サロン脱毛(光脱毛)の種類 ①IPL方式脱毛のメリット・デメリット

サロン脱毛には大きく分けて5つの脱毛方式がありますがIPL方式脱毛は一番古くからある脱毛方法で日本全国にあるエステサロンの7割は現在でもこの脱毛方式を採用しています。脱毛器の価格も一番安価で導入しやすいのでエステサロンだけでなく美容室やネイルサロン、整体などでも導入しています。黒色に反応させて毛根をターゲットに火傷するギリギリを狙って1〜10平方センチメートルを一気に脱毛する脱毛方法で①全身脱毛をする場合3〜6時間で施術可能で医療脱毛に比べて早く施術できる②黒くて太い体毛に関して効果性が高いというメリットがあります。デメリットとしては①6時間施術というのは現実的に同じ日に脱毛施術を受けることは困難ですから2日間に分けて行う必要がある。②ゴムで弾いたような痛みが伴うのでVIO脱毛や顔脱毛を希望している場合などは、痛みがより強く感じる可能性がある③医療脱毛と一緒で休止期の毛は脱毛できないので施術の間隔を2〜3ヶ月空ける必要があり8割以上減らすには期間が3〜5年はかかる④白髪・金髪・産毛はできない⑤元々、体毛が茶色・体毛が細いという人は全く減らない⑥火傷するギリギリを狙うが火傷する可能性もあり火傷するときは1〜10平方センチメートルが一気に火傷する⑦休止期の体毛は施術できないため、数年経ってから体毛が生えてくるがあります。

サロン脱毛(光脱毛)の種類 ②SSC方式脱毛のメリット・デメリット

福井県には導入している脱毛サロンはありませんが大手脱毛サロンが多く導入している脱毛方法です。脱毛方法はIPL方式脱毛と変わりませんのでメリット・デメリットはIPL方式脱毛と一緒です。相違点は1つです。基本的に火傷リスクのある脱毛方法の場合、火傷リスクや痛みリスクを緩和するために施術する直前に「冷却ジェル」を肌に塗布し、その上から脱毛施術を行いますが、その冷却ジェルに毛の成長期を遅らせる効果のあるものを使います。冷却ジェルの効果で体毛の成長期が遅れるので、1回施術しただけで毛が伸びにくくなりますから消費者の方にとっては嬉しいと思いますが、あくまでも成長期が遅くなっただけですから脱毛効果はIPL方式脱毛と同じです。

今回のまとめ

今回はサロン脱毛(光脱毛)の中でもいちばん古くからあり、導入しているサロンが7割を占めるIPL方式脱毛と大手脱毛サロンで多く導入しているSSC方式脱毛についてお伝えさせていただきました。次回はTHR方式脱毛・SHR方式脱毛・そしてUNO>>>ichikaraで導入しているNPL方式脱毛についての違いをお伝えいたします。

福井駅前にあるエステティックサロン
UNO>>>ichikara
高橋 元子